玄関網戸オンラインショップ

 
玄関用通風スクリーン・リリーブ

防音窓本舗 玄関網戸店では玄関網戸をご自宅の玄関サイズにプレカットしてお届けしますので、取付けはドライバーがあればOK!

取付の詳細はこちら

まず最初に、上枠に必要な部品を取り付けてゆきます。 ここで使用する部品は写真の通りです。
「下がり止めブラシ」を上枠の溝(レール)に
差し込みます。
反対側にも同様にして「下がり止めブラシ」を差し
込んでゆきます。
「下がり止めブラシ」が上枠のほぼ真ん中にくるよう
移動させます。
さらに同封されているブラシストッパーのシールをはがし、写真のように下がり止めブラシが動かない ように両端を固定します。
上枠の中央に「下がり止めブラシ」が固定されました。 写真のようになればOKです。

次に上枠の両端にコの字型の上枠キャップを取り付け てゆきます。
上枠キャップは写真のように上枠を挟み込むように 取り付けます。

※上枠の上端が完全に見えるようになっていれば
 OKです。
上枠の両端に上枠キャップが取り付きました。
このキャップは幅の調整のための部材なので、
多少ゆるく 感じても問題ありません。
上枠の上端に仮固定のための両面テープを貼ってゆき ます。(※この作業は裏技なので、付属の説明書には 記載されておりません)
両面テープのシールをはがし、取り付け予定箇所に
仮止めします。
上枠キャップを左右にスライドさせ、隙間がなくなるように します。

※上枠キャップはこの段階ではまだグラグラして構いません
上枠の溝の中から付属のビスで固定してゆきます。

※一応手回しドライバーでも作業は可能ですが、ビスの 数が多いため、電動ドライバー等をご用意いただいた 方が作業がラクです。
上枠が固定されたら、次は網戸の受け側の戸あたり枠を 取り付けます。

※戸あたり枠はアルミの細い方の枠です。
写真のように戸あたり枠の位置決めをします。
このとき 戸あたり枠の上部が上枠の中に入るようにしてください。
戸当たり枠が垂直になるように位置決めをしてください この作業も両面テープ等で枠を仮固定しながら行うと ズレずに固定できます。

※両面テープは裏技なので梱包内容には含まれて おりません。
垂直を確認したら付属のビスで戸当たり枠を止めて
ゆきます。
ビスの数が多いので電動ドライバーなどがあれば便利です。
次は下枠の取り付けです。
下枠下面のシールをはがし、 粘着テープの面を下にして下枠を設置面に強く押し付けて 固定してください。
粘着力が非常に強力で、やり直しがしずらいため、曲がら ないように注意してください。

※玄関の床は通常タイルなどが利用されていますので ビスは使いません。
いよいよ本体の取り付けにかかります。
本体に貼ってあるシールから上下を確認してください
本体の側面にプラスチックのアンカープレートが付いて いることを確認してください。
この面が木枠にくっ付く面です。
アンカープレートのシールを全て剥がします。

※ここからの手順は裏技ですので、付属の取扱い 説明書の取り付け手順とはことなりますのでご注意 ください。
戸当たり枠と同様、上部が上枠に入るように差し込みます。
垂直になるように慎重に位置決めをし、アンカープレートが 着いている面を木枠に力強く押し付けます。
この時、アンカープレートが木枠にしっかり付くように、 満遍なく力をかけて圧着してください。

※木枠にホコリが付いていると、粘着力が弱まる場合が ありますので、ホコリっぽい場合は木枠を乾拭きしてくだ さい。
アンカープレートが圧着したら、本体を掴み、付けた時と 逆の方向に強く引っ張ります。

ここではかなり力を入れて引っ張ってください。
バチンと大きな音がして外れます。
均等に引っ張ろうとするとかなり力が必要なので、
写真のように上から順に引き剥がすとラクにはずせます。
本体を外すと、写真のようにアンカープレートが木枠に残っているはずです。
この残されたアンカープレートをビス止めしてゆきます。
付属のビスでアンカープレートの上下を
止めてゆきます。
全てのアンカープレートをドライバーで止めてください。
アンカープレートが固定されたら、先ほど外した時と逆の 手順で網戸本体を上枠に差し込んで設置します。
本体をアンカープレートの突起に合わせ、バチンという 音がするまで押し付けてください。
網戸本体がアンカープレートに固定されます。
網戸がスムーズにスライドすれば完成です。
玄関網戸しまえるんですかんたん無料見積り